Blog

デザート

柳川氷室

~ 暑い日には行列ができるお店 ~

暑くなると食べたくなるのが、かき氷

鹿児島にも氷屋さんが、期間限定でかき氷を販売しているところがあります。
「柳川氷室」天文館近くのお店です。
大重谷源水の天然水を6日間かけて凍らせた氷、これでかき氷を作るから美味しい!!


昨年はGWから夏の間、販売していました。
最近蒸し暑い日が続いているので、今年も食べに行きたい(^o^)

柳川氷室お店正面

夏の暑い日には行列ができる人気店!
炎天下の中並んでいる人に、日傘を貸してくださる心遣い。嬉しいです。
鹿児島の日差しは、関東の日差しより強いです。ジリジリする感じ。

 

柳川氷室メニュー
昨年のメニュー
値段がお手ごろなのも嬉しい♪
+50円でミルクがけできます。

プレミアムマンゴー
プレミアムマンゴー
このボリューム!!

ベリーしろくま
ベリーしろくま
中にもベリーが入っていて美味しい。

いちご&メロン
定番のいちご&メロン。お店の方おすすめの+50円でミルクがけ。

 


住所:鹿児島市泉町13─24第2甲斐ビル1階
TEL:099-222-4609
営業時間:11時~18時
定休日:不定休
提供期間:GWから11月初めぐらい
交通・アクセス:いづろ通駅より徒歩4分
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)
 

 

≫ Read More

グルメ   2019/07/18   kagoshimalife

ウォーターフロントパーク・ドルフィンポート

~ 目の前に錦江湾と桜島を臨む ~

鹿児島市役所前のみなと大通りの先にウォーターフロントパークがある。
芝生がきれいな広場で、目の前には錦江湾と桜島。眺めと開放感は最高の場所。


ウォーターフロントパーク

ウォーターフロントパークより桜島

ウォーターフロントパーク


フリーマーケットやイベントによく使われるので賑わっていますが、何もないときに海を見ながらゆっくりするのも贅沢な時間です。
遊具などはありませんが、景色を見るだけでも楽しめます。
ウォーターフロントパーク
ウォーターフロントパーク


ウォーターフロントパークの向かい側に、南国のリゾートっぽい建物のドルフィンポートがあります。
ドルフィンポート
 

ドルフィンポート
トイレ・コンビニ・レストラン・お土産屋さんなど入っているので便利です。


ドルフィンポート

時間を忘れてゆっくりできるスポットです。

 


<ドルフィンポート>

住所:〒892-0814 鹿児島県鹿児島市本港新町5-4
TEL:099-221-5777
営業時間:店舗ごとに異なる
休館日:年中無休
交通・アクセス:「天文館」から徒歩で約10分、「鹿児島中央駅」から車で約10分
駐車場:あり 750台(30分まで無料。以後30分毎に100円)
ホームページ:http://www.dolphinport.jp/index.html

 

≫ Read More

観光・名所   2019/07/15   kagoshimalife

名物「両棒餅」 平田屋

~ 創業145年の老舗 ~

鹿児島の名物として知られる「両棒餅」。
「ぢゃんぼもち」って、知らない人は読めないですよね(^-^;
ぢゃんぼとは、鹿児島弁で武士の大小の刀のこと。漢字で書くと「両棒」。
お餅に刺された2本の竹串を見ると名前の由来に納得です。

私のおすすめは「平田屋」です。
平田屋がある磯海水浴場の周りには、両棒餅のお店が何件かあります。
他にも県内に売っているお店はたくさんありますが、お店ごとに味が少し違うので好みのお店を見つけるといいですね!

両棒餅 平田屋
お店の横に駐車場があります。
海沿いの通りにお店がありますが、交通量が多く、道が狭く、カーブが多いので、入るとき出るとき注意してください。
両棒餅 平田屋入口

 

注文を受けてから焼いてくれる両棒餅、一皿10本500円

両棒餅
10本でも一皿ぺろりと食べられます
おこげが美味しい!
お餅がやわらかい!
みたらし団子の餡のように見えますが、それよりやさしい味なのでたっぷりお餅につけて食べられる!
漬物と合う!
 

時々食べに行きたくなるお店です。
テイクアウトもできますが、できたてを食べるのが一番おいしいです。
是非、お店で食べてください。

 

平田屋
入口にテーブル席、中は座敷です。
冬はこたつになっているのも、ゆっくり食べれてくつろげます。

 

桜島

磯海水浴場
窓から見える桜島や磯海水浴場(錦江湾)

 

以前、「嵐にしやがれ」で長渕剛さんが子供のころから通う店で紹介されました。
日テレホームページ:http://www.ntv.co.jp/arashinishiyagare/contents/20180602.html

 


住所:鹿児島市吉野町9673
TEL:099-247-3354
営業時間:9:30~18:00(夏期は19:00まで営業)
店休日:木曜
駐車場:あり 15台

 

≫ Read More

グルメ   2019/06/28   kagoshimalife

天文館むじゃき「白熊」

~ 昭和21年からの変わらない味 白熊の本家 ~

鹿児島ではいろんなお店で白熊を食べることができます。
各お店、味やトッピングがさま様々で、お気に入りの白熊を見つけるのも楽しい♪

白熊の本家といえば、天文館むじゃき。
この味はここでしか食べられないのでリピートしてしまいます。
国内外からの観光客、修学旅行生がチェックして寄るお店です。
※連休はものすごい行列で混みます!覚悟して行って下さい。

このお店で食べると、関東のコンビニで売っていた白熊は違う!と思います(笑)

 

お店正面。白熊がかわいいので写真を撮る人が多いです。
地下1階から4階までお店が入ってます。どのお店でも白熊は食べることができます。

天文館むじゃき

 

白熊

白熊
定番の白熊の他に、チョコレート白熊・ストロベリー白熊・プリン白熊・宇治金時・スペシャル白熊・ヨーグルト白熊などがあります。
どれも美味しいですが、初めは白熊を食べてほしいです。

 

テイクアウト用の「ハンディ白熊」もあります。

テイクアウト「ハンディ白熊」
ちなみに、店内では普通サイズの白熊は2人で食べてOKです。
小さいサイズは一人1品注文しないといけません。
店内で食べる方は気を付けて下さい。

 


【天文館むじゃき 本店】
住所:鹿児島県鹿児島市 千日町5-8 天文館むじゃきビル
TEL: 099-222-6904
営業時間:OPEN   11:00(日曜、祝祭日、7月、8月は 10:00)
     CLOSE   22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日:不定休

 

【天文館むじゃき アミュプラザ店】
営業時間:OPEN   10:00
     CLOSE(月~木 ※祝日を除く)    20:30 (ラストオーダー 20:00)
     CLOSE(金~日、祝日、祝前日)    21:00 (ラストオーダー 20:30)

 

ホームページ:http://mujyaki.co.jp/

≫ Read More

グルメ   2019/06/27   kagoshimalife

チェスト館

~日置市にある人気の物産館~

よく利用しているチェスト館
チェスト館入口

伊集院地域の新鮮な野菜や果物を中心に、手づくりのお惣菜や弁当、農産物加工品、花、苗木などいろいろな物を販売しています。
商品には地元生産者や加工者の名前が書いてあり、安心して買うことができます。
取れたての安くて美味しい旬の野菜や果物、本当に助かる!!
新鮮な野菜や果物

他にも、めだか、夏にはクワガタやカブトも売っています。
見て回るだけでも楽しいです♪

入口にある、唐揚げ・がねのお店、ソフトクリームやコーヒーのお店も人気で美味しいです。
ソフトクリームのいちご味は、チェスト館で採れたいちごを使っているそうです。
唐揚げ・がねのお店  人気のソフトクリーム

 

中に食堂があり、安くて美味しいので、利用者が多いです。

食堂入口食堂入口
食堂メニューメニュー
今は券売機になり、メニューも少し変わりましたが参考までに。

海鮮丼
カルパッチョ

この間食べた「海鮮丼」と「カルパッチョ定食」。
ボリュームあって美味しかった。
お茶と水はセルフサービス。浅漬けや昆布煮など、毎日違う箸休めの一品が自由に取って食べられます。

1~5月は裏のビニールハウスでいちご狩りもできます(取った分だけ測り売り)。

 


2019/6/27
いちごの販売は終わったと思っていたら、一週間ぶりに売っていた。
スーパーなどで4パックを入れるのに使う段ボールに、びっしり入ったいちご(5~6パック分の量はある)。
粒大きめ700円、小さめ650円
大きめを買った。今日出荷されたものなので、みずみずしくて、甘くて、やわらかくて最高!!
傷んでいるものもなくクオリティ高い(^o^)V
たくさん入っているので、好きなだけ贅沢に食べました。
チェスト館いちご

 


住所:〒899-2515 日置市伊集院町竹之山220-1
電話番号:099-273-9525
営業時間:3月~9月/午前9時~午後6時 10月~2月/午前9時~午後5時
休館日:1月1日~1月3日
交通・アクセス:JR「上伊集院駅」より車で約10分、南九州西回り自動車道「松元IC」より車で約5分
駐車場:有り(200台)
ホームページ:日置市ホームページ
       日置市観光協会ホームページ

 

≫ Read More

道の駅・物産館   2019/06/24   kagoshimalife